平成24年度 中四国大会の研究テーマ

| コメント(2) | トラックバック(0)

メインテーマ 「生きる力」をはぐくむ技術・家庭科教育」

サブテーマ 「学習意欲を高める魅力ある授業づくり」

主題設定の理由

 技術・家庭科では,実践的・体験的な学習活動を通して,家族と家庭の役割,生活に必要な衣,食,住,情報,産業等についての基礎的な理解と技能を養うとともに,それらを活用して課題を解決するために工夫し創造できる能力と実践的な態度の育成が求められている。

 本研究大会では,これらをはぐくむために,生徒の「やってみたい」「生かしてみたい」「もっと知りたい」という思いを高めることができ,魅力ある学習を展開することが大切であると考えた。

 生徒に取って魅力ある学習をするためには,やはり実践的・体験的な活動の充実が必要である。そのため今回は新しい学習指導要領に対応させながら,「他教科との連携」,「地域の協力」,「学習内容や項目の関連」などに焦点をあてた授業を展開し,深化・発展させていくことで学習意欲を高められると考えた。このような授業を日々繰り返しながら実践することが自分なりの工夫を生かして生活を営むことや,学習した事柄を進んで生活の場で活用する力や態度へとつながり,生徒の現在や未来の社会の中で自立的に生きる力を育むと考え,本主題を設定した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-ueda.jp/mt/mt-tb.cgi/267

コメント(2)

前回の岡山大会の際に、研究部と各部会との連絡調整が大変だったことを覚えています。
このようにWebページで情報を公開してくださると、
文書の到着を待たずに、情報が伝わって、大変助かります。
派遣申請も、各自でダウンロードして印刷するようにすると、事務局の仕事も軽減できるかも…。ただし、このページの更新を見逃さないようにしないといけませんが…。

ページの書き込みをしたらメーリングリストで流すことにすれば良いですよ
自動的にできないかと思ってはいるのですが…

コメントする

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、t-uedaが2010年7月29日 10:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成22年度県技家研理事会」です。

次のブログ記事は「研究推進委員会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。